「ダウの犬」日本版を自動算出する

シェアする

スポンサーリンク
「ダウの犬」日本版を自動算出する

「ダウの犬」を日本株に応用という記事を読んで、プログラミングで日本版ダウの犬手法を再現して好配当利回り銘柄のスクリーニングと等投資金額の一覧を見ることができないかと試しに作ってみました。

日本で言えば、時価総額上位30社は「コア30」と言われる指数です。コア30に入る30銘柄から、配当利回りの高い10銘柄を選べば、「ダウの犬」戦略と同様の戦略をとることができます。

ダウの犬日本版を投資金額から自動で算出するのページ真ん中あたりで確認ができます。
python pulpをサーバー側でインストールしていないので、投資金額を100万円から1億円の何パターンかの選択しかできませんが、それっぽく等金額投資の参考になるかも。

線形計画問題という数学がちんぷんかんぷんな私にはまだ理解できてなく、ちょっと作成したものなのでおかしいところがあるかもです。

Topix Core30の高配当利回り上位10社から算出しました。

TOPIX Core30(トピックス コア30)は、TOPIXニューインデックスシリーズの一つで、東京証券取引所の市場第一部全銘柄のうち、時価総額、流動性の特に高い30銘柄で構成された株価指数のことをいう。事実上、国内における時価総額ベスト30であり、選ばれている企業はどれも世界的なリーディングカンパニーである
Topix core30

error: