広告掲載率という項目がGoogleアドセンスに追加されていた

シェアする

スポンサーリンク
広告掲載率という項目がGoogleアドセンスに追加されていた

ネットで検索したらあんまり情報が見つからないように感じたのですが、「広告掲載率」という項目がGoogleAdsenseの広告の設定に追加されていました

一定の条件なのかグーグルアドセンス利用者全員に付加されているのかわかりませんが、設定してみました。

広告掲載率とは

サイトの広告掲載率を最適化する
パフォーマンスの良い広告に絞って掲載
収益の維持・拡大とユーザー エクスペリエンス向上を両立し続けるのは、簡単なことではありません。広告掲載率の調整機能を利用すれば、ユーザーに表示する広告、特に収益性の低い広告の掲載数を、推定される収益への影響を確認しながら減らすことができます。

広告掲載による収益の多くは、実際には比較的少数の広告インプレッションから生じていることが一般的です。特に収益性が高い広告だけに絞って表示することで、収益への影響を最小限に抑えつつ、サイトのユーザー エクスペリエンスを向上させることができます。

サイトの広告掲載率を最適化する Adsenseヘルプより

サイトでの広告掲載数を、「広告掲載率(0から100%)」を変更することによって、サイトで掲載可能な総数を変更します。広告掲載率を変更することによって、サイト上で使用している広告ユニットで、広告を配信する頻度が変わります。

広告掲載率を100%から下げることでグーグルアドセンスによる収益の影響を最小限にしつつ、最も多くの収益を獲得している広告のみ表示して収益の効率化が図れるという仕組みのようです。

広告掲載率の設定方法

グーグルアドセンスの広告掲載率設定方法

広告の設定から「広告掲載率」を選択すると、「成果の高い広告を重視」の画面が表示されます。

画面表示内容はシンプルで、推定値(収益に占める割合)と広告表示中(掲載可能な広告の割合)、「広告掲載率」のスライダーのみです。

広告掲載率のスライダーを100%から減らすことで広告数を減らしつつ(収益の少ない広告を減らし、収益率の高い広告を優先して表示されるようになる)、収益に占める割合を維持するような値に変更する。

今回私は、推定値100%と推定値が落ちないような値、広告掲載率を86%にして適用ボタンを押しました。

この値はサイトによって違うのかもしれませんが、とりあえずこの値で様子見します。

広告掲載率を変更した結果は?

なにげに昨日グーグルアドセンスの項目を見ていてたら「広告掲載率」が表示されていました。いつものことながら、なんのアップデート情報もないので、新規項目が追加されたんなら教えてくれてもいい気がします。ベルアイコンの「通知」は機能してないんですかね。

まだ始めたばかりなので、少しでも収益率が改善すると良いですね。

2017/1/22追記
この設定のおかげなのかわかりませんが、1クリックで3桁でも1000円よりの高額広告がありました。まぁ、その一度のみなので、たまたま高額なキーワード検索からアクセスされたからかもしれませんがね。

そのかわり、収益が少ない広告の場合は、収益率が高い広告に置き換わるのではなくて、表示されなくなるような気がします。収益が少ない広告を表示しないようにして、ユーザー エクスペリエンス向上となっているのかもしれませんが、見た目とレイアウトとしては、表示される箇所が「スポンサーリンク」文字と空白になるだけなので、よくないような。広告掲載率の設定とは違う元からの仕様かもしれませんけど。

スポンサーリンクと空白を自動的に削除するか、高収益な広告を貼り付けて欲しい気もします。

error: