四季報を使わず手軽にバリュー株銘柄を発見する方法とは?

シェアする

スポンサーリンク
四季報を使わずバリュー株銘柄を発見する方法とは?

2017年の株式市場はトランプ相場となり、荒れ模様が続くのでしょうかね。

株関連のサイトを運用中なのでバリュー株についてだけでなく、個人投資家ブログなどを拝見しながら勉強させてもらっています。

「サラリーマン休日副業で月10万円以上目指すページ」ブログの目からウロコ!四季報を使って隠れたバリュー株銘柄を発見する方法とは?四季報の株主構成欄に着目する手法を記事にされていました。

よく参考にさせていただいている弐億貯男さんの「サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。」ブログの成長性の高い中小型株の簡単な見つけ方の組み入れ銘柄を参考にするというのと似た様な手法なのかなと。

日本ではひふみ投信などが有名ですが、今回はBBHフィデリティイントリンシックオポチュニティズという海外ファンドに着目します。

このファンドは世界中のバリュー株に投資し、年率10%以上の高収益を誇る優良ファンドです。
目からウロコ!四季報を使って隠れたバリュー株銘柄を発見する方法とは?

ということで、記事ではBBHフィデリティイントリンシックオポチュニティズという海外ファンドを取り上げています。

記事にも記載のあるひふみ投信は既にひふみ投信組み入れ銘柄から割安株をスクリーニングしてみた。で四季報を使わずにネットネット株などの計算式を用いて割安株があるかスクリーニングできるようにしていたのですが、BBHフィデリティイントリンシックオポチュニティズというファンドは初めて知ったのでこちらも調べてそのうち同じような一覧を作成したいと思います。。

参考記事の保有銘柄のいくつかネットネット株をスコア化したもの載せます。2016/1/10時点の保有銘柄なので、現時点では構成が変わっている可能性があります。

コード 銘柄 割安株スコア(かぶ1000さんのネットネット株計算による 1以上なら割安)
1938 日本リーテック(株) -0.08
2107 東洋精糖(株) 0.02

ここでは簡易にスコアだけ載せましたが、上記個別銘柄へのリンクかトップページの簡単割安株検索からアクセスしていただければ、他の情報も確認することができます。

ネットネット株とは

グレアム氏が提唱する「ネットネット株」とは、現金などの流動資産から負債総額を引いた額の3分の2が時価総額よりも多く、株価が割安と判断される銘柄を指します。

ネットネット株=(流動資産-総負債)×66.7%>時価総額

これが意味する事は、企業が所有する資産に対して株価が大きく下回っていることを指しており、下落リスクが低く株価の安全域が大きい銘柄であると言えます。

このグレアムが提唱するネットネット株に対して、日本の個人投資家「かぶ1000」さんは「正味流動資産に在庫評価額を入れず、有価証券を含んだ額から貸倒引当金や負債合計を引いた額が、時価総額よりも多ければ割安とみなす」という応用を加えています。

私が今回計算する基準は、グレアムではなく「かぶ1000」さんの判断基準に基づきネットネット株を探したいと思います。
ネットネット株|日本株式で割安株を探した結果(2016年10月)

拙作の簡単割安株検索でも似た様なことを書いていますが、わかりやすかったので、引用させていただきました。

ネットネット株|日本株式で割安株を探した結果(2016年10月)の記事ではスクリーニングとして楽天証券のスーパーサーチという機能で一旦一定の条件でスクリーニングされてからネットネット株を計算されているよう。

簡単割安株検索では、ネットネット株及びかぶ1000さんの判断基準によるネットネット株などの手法を再現しスコア化。個別銘柄、市場別、テーマ別などいろんな方法で割安株かすぐに判断することができますので、もしよかったら一度サイトによってみてください。

error: