割安株ブログのおすすめ手法を一覧にしてみた。

シェアする

スポンサーリンク
割安株ブログのおすすめ手法を一覧にしてみた。

『割安株ブログはいくつかありますが、私が割安株ブログを読ませていただいて参考になったおすすめの割安株ブログ手法を再現することを目標としています。いくつか割安株ブログの投資手法を再現していますので、一覧にしてみました。

割安株ブログの例 かぶ1000投資日記

グレアムが言う「ネットネット株」とは、現金などの流動資産から負債総額を引いた額の3分の2が時価総額よりも多く、株価が割安と判断される銘柄のこと。

「少しアレンジして、この正味流動資産に在庫評価額を入れず、有価証券を含んだ額から貸倒引当金や負債合計を引いた額が、時価総額よりも多ければ割安とみなしています」

上記の割安株ブログの手法を再現しています→ネットネット株(バリュー投資株)ランキングを市場別で探すか、もしくは各株式銘柄の記事でネットネット株(+α)として確認が可能です。

割安株ブログの例 みきまるの優待バリュー株日誌

「負けない優待バリュー株」を選ぶたった2つの簡単な方法

負けないための古典的な銘柄選択条件

1. PBR×PERが11.25以下 ( グレアムのミックス係数 22.5の半分以下)

2. 配当利回り+優待利回りの総合利回りが4.0%以上

この2つを同時に満たすこと 

出典 みきまるの優待バリュー株日誌 – 優待バリュー株インデックス投資法

上記の割安株ブログの手法を再現しています→優待バリュー株インデックス投資法に合った株式銘柄一覧で理想の独自インデックス投資信託ポートフォリオを作ろう

割安株ブログの例 たーちゃんファンド

前期の営業キャッシュフローから設備投資額(現状は投資キャッシュフローで代用)を差し引いて、会社が自由に使えるフリーキャッシュフローを算出する。 そして売上高の伸びに応じて、無成長企業の場合は10倍、低成長企業は12倍、高成長企業は15倍にして、キャッシュフローの総額を計算する。

次に、企業の現預金と有価証券の合算から有利子負債を差し引いてネットキャッシュを求め、 (有利子負債=1年内返済予定の長期借入金、1年内返済予定の関係会社長期借入金、短期借入金、関係会社短期借入金、長期借入金、関係会社長期借入金)   キャッシュフローの総額と足し合わせ、「企業価値」を割り出す。これが時価総額の2倍ある企業を「割安」と判定し、投資対象にする。

上記の割安株ブログの手法を再現しています→スコア表示例として昭栄薬品の独自バリュー(割安株)投資スコアがその手法スコアとなっています。(一部計算が再現できていません。)

割安株ブログの例 サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました

新規上場(IPO)銘柄が、上場後数か月程度経過して人気が無くなって株価が低迷して割安になったところで購入するIPOセカンダリー投資を好んで行っています。

IPOのブックビルディングは高い倍率でなかなか買うことができませんが、セカンダリー投資なら買いたいだけ買うことができますし、上場後に開示される四半期決算等を見て投資判断をすることも可能

出典 IPOセカンダリー投資は便利 – サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。

上記の割安株ブログの手法を一部再現しています→IPOセカンダリー投資法とバリュー投資株を組み合わせてIPOに当たらなくても投資資金を増やす機会を多く持とう

どのタイミングで買いを行うかは再現できていません。検討中。

最近のkabu2okuさんの含み益はえぐいことになっていますね。確定利益ではないですが、5倍株になっている銘柄もあったり、ぜひ再現したい割安株ブログの投資手法です。

「割安株ブログのおすすめ手法を一覧にしてみた。」のまとめ

引き続きいろんなおすすめ割安株ブログを訪れて、参考になったものを再現していきたいと考えています。

拙作のサイトが割安株投資のスクリーニングの一助になれば幸いです。
トップページはこちらからどうぞ。→簡単割安株検索

error: